夏風邪の原因と長引く理由とは?どうしたら予防できるのか?

「夏風邪は長引きやすい」という話を聞いたことがあるかと思いますが、そのことは紛れも無い事実です。

ですが、社会人ともなれば、体調の悪い状態が長く続くようなことは許されませんよね。

そこでここでは夏風邪の原因と長引く理由、そしてそこから導かれる予防法についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

夏風邪の原因は?

夏風邪の原因は、それを引き起こすウイルスへの感染です。

同じ風邪でも、冬の風邪と夏の風邪では原因となるウイルスが異なります。

夏風邪の代表的なウイルスとしては、

  • エンテロウイルス
  • アデノウイルス
  • コクサッキーウイルス

などが挙げられます。

これらのウイルスは高温多湿の環境を好むため、夏に増殖しやすくなります。

夏風邪のウイルスに感染するメカニズム

では、どうしてこれらのウイルスに感染してしまうのでしょうか?

通常の状態であれば、これらのウイルスが体内に侵入しても、体の免疫機能によって感染にまでは至りません。

逆に言えば、何らかの原因で体の免疫機能が落ちてしまっている場合に、感染してしまうわけです。

そこには、夏特有のいくつかの原因があります。

室内と屋外の温度差

夏になると、室内の多くの場所は冷房されています。

しかし、一歩室内から出ると、そこには灼熱地獄とも言える暑さが待っています。

この温度の差に体がついていけなくなると、自律神経が乱れてしまい、免疫力が低下してしまうのです。

暑さそのものによるもの

暑いとそれだけで体力が低下します。

また、暑いために大量に汗をかくと、その際にも体力をかなり消費します。

大量の汗によって体内の水分が不足すると、さらに体力は低下します。

このようなことが組み合わさると、体力の低下とともに免疫力も低下していくことになります。

食欲不振による栄養不足

暑くなると、食欲不振になりがちです。

また、冷たいものを多く飲んでしまうことで、食事が摂れなくなることもありますね。

すると、十分な栄養を摂ることができなくなるため、体力が低下し、免疫力が落ちてしまうのです。

睡眠不足

夜になっても気温が下がらない場合には、寝苦しい夜を過ごすことになりますよね。

すると当然ながら、十分な睡眠が取れないケースも多くなってきます。

睡眠不足になると体力を回復できないため、結果として免疫力が低下することにつながります。

夏風邪が長引く理由

しかし、どうして夏風邪のは長引きやすいのでしょうか。

やはりここにも、夏風邪特有のいくつかの原因があります。

ウイルスが腸内でも増殖する

夏風邪のウイルスは、呼吸器だけでなく、腸内においても増殖をする特徴があります。

腸内にまでウイルスが侵入してしまうと、ウイルスの体外への排出に1カ月ほどかかるとも言われます。

ウイルスが体内に長く留まってしまうために、風邪が長引いてしまうのです。

栄養吸収の阻害

腸内にウイルスが感染してしまうと、栄養の吸収が悪くなります。

そのため、十分な栄養を摂ることができないため、体力の回復も遅れてしまいます。

結果として、免疫力の回復も遅れるため、風邪が長引いてしまうことになるわけです。

食欲不振による排出力の低下

夏の暑さに加えて、夏風邪にかかってしまうと、さらに食欲が落ちがちです。

腸内のウイルスは、排泄物と一緒に体外に排出されます。

ですが、そもそも食事が摂れないと排泄物の量も少なくなってしまうため、ウイルスの排出も遅くなってしまいます。

ウイルスへの二次感染

夏風邪をひいているときには、そもそも体力が落ちています。

その状態ですと、排泄物と一緒に排出されたウイルスに再び感染してしまうことがあるのです。

このような悪循環が起こってしまうと、なかなか治らないことになります。

市販薬の長期服用

症状が軽いと、市販薬で何とか乗り切りたいと考えがちですよね。

しかし、市販の風邪薬は、症状を緩和するだけで、根本的に風邪を治すことはできません。

むしろ、無理をしながら長期間にわたって服用してしまうと、体に耐性ができて効き目が弱くなってしまいます。

結局は、治るどころか症状が悪化してしまうことになります。

スポンサードリンク

夏風邪を予防するには?

夏風邪で辛い思いをしないためには、そこそもかからないようにすることが重要です。

夏風邪を予防するには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

手洗い・うがいの徹底

最も確実な方法は、体内に夏風邪のウイルスを入れないことです。

一番効果的なのはマスクをすることですが、暑い夏においては現実的ではありませんよね。

そこでやはり基本となるのが、手洗い・うがいです。

冬には結構気をつけるのですが、夏になるとおざなりになりがちですので、怠ることなくしっかりと行うようにしましょう。

十分に睡眠を取る

寝る

夏はことさら体力を消耗しがちですので、体力を回復すべく、十分な睡眠を取るようにしましょう。

今は涼しく睡眠できるためのグッズも販売されていますから、それらを使うのも有効です。

また、寝るときの服装にも注意した方がいいですね。

暑いからといって、下着だけで寝てしまうこともあるかもしれませんが、油断は禁物です。

眠りについたあとになって、冷房が効きすぎたり、深夜に気温が下がることもあります。

夏用の薄手のパジャマくらいは身につけたうえで、床に入った方がいいでしょう。

栄養をしっかり摂る

食欲が落ちている状態ではなかなか難しいかもしれませんが、十分な栄養を摂ることは必須です。

食欲がなくても食べやすいような食事にするなど、工夫してみましょう。

過度に冷房を使わない

暑いとつい冷房を強くしてしまう傾向がありますよね。

特に外出後などは、ガンガンに冷やすことも多いのではないかと思います。

しかし、この急激な温度差が免疫力を下げることになってしまいます。

冷房は適切な温度で使ってこそ効果的なものですので、過度に冷やすことは避けるようにしましょう。

まとめ

残念ながら夏風邪をひいてしまった場合には、こちらの記事を参考に対処してみてください。

[参考記事]

⇒ 夏風邪を引いてしまった場合の対処法とは?

夏風邪は結構厄介なものですから、できるだけの対策をして、上手に乗り切ることができるようにしたいものですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ